コンパクト・ガウラ

科名: アカバナ科 (Onagraceae)
和名: コンパクト・ガウラ
学名: Oenothera lindheimeri cvs. (以前は Gaura lindheimeri cvs.)
英名: (Dwarf cultivars of) gaura, butterfly gaura, Lindheimer’s beeblossom
区分: 宿根草 常緑
サイズ: 40~100cm (高さ) x  100~170cm (幅)
日照: 日当たり (耐陰性は少しある)

 

この植物のレビュー編
評価:   1  良 (人にすすめたい)   0  中立   0  悪 (植えれば後悔するだろう)

 

評 価 レビュー
2016年3月に、神奈川県の Greg はこう書きました:

ガウラはアメリカ南部原産の宿根草で、日本の気候と相性がいいです。どちらかと言えば、乾燥気味な場所を好みますが、水が溜まりやすいところでなければ、元気に育つでしょう。耐寒性・耐暑性ともに強いです。神奈川県では、花期は5月から秋にかけて続きますし、冬になっても地上部は枯れません。(ガウラの北米における分布地図はこちら

野生のガウラは1.5m の高さにもなって、やや倒れやすくて、花色がごく薄いピンクです。個人の庭で栽培するなら、コンパクト・ガウラの方がいいと思います。コンパクト・ガウラは1種の植物ではなく、ガウラのいくつかの矮性品種の総称です。販売元は勝手に品種名と違うブランド名を付けたりして、正体が実に分かりにくいですが、矮性品種は似たり寄ったりするところが多いです。
(1) 高さは1m を超えません。品種によっては50cm を超えません。
(2) 強い雨で倒れても、乾けばまた立ち上がるという便利な性質があります。
(3) 一部の昆虫は蜜を吸いに来ますが、群がってくるということはないです。

品種によってかなり違うところは以下の点です。
(1) 花色は真っ白から濃いピンク色まであります。
(2) こぼれ種でかなり殖える品種もあれば、ほとんど殖えない品種もあります。
(3) 植物の幅です。幅が高さの1.5 倍ぐらいの品種はありますが、「サマー・エモション」を植えて数か月経つと幅170cm になりました。庭の小道を完全に塞いだので、処分しました。

個人の見解ですが、今まで見たガウラの中で、最もコンパクトで花色が最も濃い「リリポップ・ピンク」が一番好きです。「最もコンパクト」と言っても、やはり商品タグに書いたサイズより大きくなりましたよ。ところで、この品種名 (Lillipop Pink) は英語圏でも通用します。

2016年5月の追加:

リリポップ・ピンクを植えてから2年目に入りました。高さは去年から大きく変わっていませんけれども、幅は120cmを超えて、買った時の10 倍と思います。もはやコンパクトではないです。この品種の多花性は気に入っていますが、狭いところに向いているとはとても言えません。ガウラの場合、「コンパクト」は「背の低い」という意味しか込めていないようです。正直な商品説明がほしい!!