コバノランタナ

科名: クマツヅラ科 (Verbenaceae)
和名: コバノランタナ
学名: Lantana montevidensis
英名: Trailing lantana
区分: 低木 半常緑
サイズ: 70cm (高) x 300cm (幅)
日照: 日当たり

 

この植物のレビュー編
評価:   1  良 (人にすすめたい)   0  中立   0  悪 (植えれば後悔するだろう)

 

評価 レビュー
2016年1月に、神奈川県の Greg はこう書きました:

ランタナの品種名やブランド名が多いですけれども、基本的によく出回るのは2種だけです(後は園芸品種や交配種)。1種目は、熱帯アメリカ原産のランタナ・カマラで、一般的に「ランタナ」として販売されます。2種目は、アルゼンチンなど原産のコバノランタナです。神奈川県では、ランタナ・カマラは冬越しができない場合がありますが、コバノランタナは平気です。

コバノランタナは50センチぐらいの高さしかなりませんが、2m 以上の幅が出ることもあります。枝が横に伸びるだけで、地下茎で殖えません。成長がそれほど速くないので、剪定によって2m 以下にまとめるのは難しくないです。何と言っても、コバノランタナの特徴は4月から霜が降りるまで咲き続ける薄紫色の花です。チョウやホウジャクがよく吸いに来ます。日当たりが良いほど、花付きが良くて、乾燥や移植にも強いです。擁壁の縁に植えると、枝が少し垂れて見栄えがします。

2017年9月の追加:

元のレビューには「2m 以上の幅が出ることもある」と書きましたが、訂正したいです。今、私のコバノランタナは横幅が3m まで拡大して、さらに擁壁の上から240㎝垂れています。これでも、成長が終わったかどうかは不確実です。