ガイラルディア・アリスタータ

科名: キク科 (Asteraceae)  
和名: ガイラルディア (=属名)、テンニンギク(天人菊)
学名: Gaillardia aristata
英名: Blanket flower, gaillardia
区分: 宿根草 半常緑
サイズ: 基本種は 20cm ~ 70cm (高さ) x 30cm ~ ?? (幅)
日照: 日当たり、耐陰性はあまり強くない

 

この植物のレビュー編
評価:   1  良 (人にすすめたい)   0  中立   0  悪 (植えれば後悔するだろう)

 

評 価 レビュー
2020年1月に、神奈川県の Greg はこう書きました:

ガイラルディアは、西半球を原産地としたキク科の一属ですが、その園芸品種や交配種が多くて、今は世界中の寒冷地域から亜熱帯地域にかけて栽培されています。アリスタータ種の分布からすれば(地図はこちら)、高温多湿に弱いと思われてもおかしくないですが、私の経験では、日当たりや水はけさえよければ、年間雨量が2,000ミリを超えても物ともせず元気に育ちます。

私が育てているガイラルディアはサンリタ(Sunrita)シリーズのバーガンディ色です。どっしりとした背の低い品種なので、倒れにくいと思いましたが、意外に早く倒れました。しかし、倒れても短い茎は数センチしか横に動きませんし、そこから葉っぱや花は上に伸びるので、気になりません。花期は非常に長くて、初夏から霜が降りるまで続きます。この異様な暖冬のお蔭で、1月にも花が引き続き咲いています。ハチやチョウはあまり寄りませんし、こぼれ種で殖えることも2年経ってもまだないです。害虫による被害はとても少ないです。

典型的なデージー型の花を夏に咲かせるキク科の宿根草と言えば、①ガイラルディア、②ルドベキア、③エキナセアがあります。比較してみましょう。
花期の長さ:①ガイラルディア、②ルドベキア、③エキナセア
花後の汚さ:①エキナセア、②ルドベキア、③ガイラルディア
花の多様性(色や形):①エキナセア、②ガイラルディア、③ルドベキア

総合点で、ガイラルディアの勝ちです。