オタフクナンテン

科名: メギ科 (Berberidaceae)
和名: オタフクナンテン (お多福南天)
学名: Nandina domestica ‘Otafukunanten’
英名: ナンテン = heavenly bamboo; この園芸品種は海外の ‘Firepower’ に酷似している
区分: 低木 常緑
サイズ: 私の経験では、80cm (高) x 120cm (幅)
日照: 日当たり~半日陰  かなりの耐陰性がある

 

この植物のレビュー編
評価:   1  良 (人にすすめたい)   0  中立   0  悪 (植えれば後悔するだろう)

 

評価 レビュー
2016年1月に、神奈川県の Greg はこう書きました:

ホームセンターでよく目にする矮性ナンテン(南天)です。使い方次第では、庭の名脇役になってくれます。

オタフクナンテンは、ナンテンと全く別物と思った方がいいです。ナンテンは花が咲いて、実がなるのに対して、オタフクナンテンには花も実もないです。参考書や商品タグによりますと、最終的なサイズは 50cm x 50cm ということになりますが、これも信じてはいけません。私の最も元気なオタフクナンテンは、買ってから6年で 80cm x 110cm 強になっています。灌木としては小さいですが、植える時に将来のサイズを念頭に入れた方がいいです。

オタフクナンテンの強みは(1)冬の鮮やかな紅葉です。私は夏の花が好きなので、冬の庭は殺風景になりがちですが、真っ赤なオタフクナンテンは印象を良くします。(2)強健です。日がガンガン当たって、風当たりの強い場所でも平気ですし、半日陰のところでも育ちます。移植をしても怯みません。(3)オタフクナンテンは自然にボール状になって、そのボールの表面は滑りやすい葉っぱでできているので、落葉樹の根締めとして使っても、落ち葉が引っかかることは滅多にありません。夏場には地味ですが、総じて優等生です。